自費出版にする本の内容を決めるために、例

自費出版として発表する本の内容を、自分史と決めた上でもまだ何を書けば良いのかが見つからない場合には、どうすれば良いか。

例えば、現在60代前後の方を想定します。幼少の頃は、戦争が終わった直後です。敗戦というかつてない大きな節目は、人々にあらゆる傷を与えたことでしょう。それまで信じていた考え方すら全て否定されたり、周りの全てを新しい何かと替えなければならないと押し付けられるようになったりと、日本人として生きていけるのだろうかと考えさせられてしまうレベルにまで達する傷となったかもしれません。

そして、アメリカの統治下における日本では商業のあり方や学校制度、法律のあり方や国の治められ方などありとあらゆる文化が、こうあるべきという形に決められてしまいました。つまり、先に挙げた60代前後という年齢の方々は、そういった価値観が常に揺るがされるような時代を生きたという確固たる経験を持っています。現代では全くない歴史を生きたということであり、そこから学ばざるを得なかった事柄がたくさんあるのではないでしょうか。

さらには、海外の戦争などにより需要が生まれ、その影響で国力を上げられるほどの生産体制、そのための労働環境の充実など、経済的な復興が始まります。高度経済成長と呼ばれる時代です。ほかには、大学闘争が起こり、まともに勉学を修めることも難しい状況となったり、大きな公害に苦しめられてしまうことになったりと、社会はかなりの混乱を招いてしまいます。

では、果たして自分はそのときどうだったかと思い出そうとすれば、当時の自分がいかにしてその場を切り抜けてこられたかという答えが見つかるのではないでしょうか。そういった人生哲学を、自分のために、または他の誰かのために書き残すのです。