自費出版についての相談をしたい場合・業者について

自分史にようやく書きたいことが見えてきて、自費出版への足がかりができ始めた段階でも、書き記すこと以外での不安要素や疑問が湧き出てくることがあるかもしれません。出版について専門家に相談してくても、相手はつまりそれを仕事にしているのだから金銭のやり取りが発生したり、その場で自費出版の流れなどを自社に任せるようになどと決定されたりしてしまうのではないかという心配も顕在化することでしょう。

NPO法人の中には、自費出版について特化した法人があり、さらには自費出版についてのアドバイスをおこなうための資格を持った職員が常駐していることがあります。もし相談するのであれば、そういった団体を探してみたいところです。

そして、費用も気になります。現代では、懐に余裕がある層だけでなく若者やとにかく本を出版したい人向けに費用的なハードルが下がっているため、自分に合った適切な業者を見つけられるように細かい色々な比較も大事になってくることでしょう。業界でも大手に位置する企業でありながら経営不振に陥り、倒産する業者も存在します。その背景は様々ですが、信頼できる業者を見極められるようになりたいものです。自費出版業者の企業理念などを入念に観察し、実際に働いている社員たちがそれに基づいた業務態度を見せることができているかどうかなどを探っていくべきです。著者の立場に立って、内容だけでなく装丁など全体を細かくチェックしアドバイスをしてくれる業者に自ずと信頼がおけるようになることでしょう。