フラー•ジャコーの指輪

中世より宝飾の街として知られるスイスのシャフハクゼンに1858年に誕生したフラー・ジャコー選び抜かれた素材と、ゴノレドスミスと呼ばれるスイスの国家資格を有する賞金属細工職人たちによる「削りだし」や「練り込み」など独自性の高い技術から生まれたジュエリは、身につけるオブジェとでも呼びたいほどの完成度の高いフォルムが魅力ですフデザイナーは、ジュエリーデザインのアカデミ賞と言われる栄えある「ダイヤモンドインタナショナルアワド」も受賞しているルカス・ルプリアート作品をコレクションする感覚で、薬指にその感性と輝きをまといたいものですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です