企画書を書いて、要点を明確にしておく

商業出版でも自費出版でも、本を出版したい時に、出版社に直接原稿を持ち込んで「読んでください」と置いていく人が少なくないと耳にしたりするでしょう。これは、小さい出版社の場合には、運が良ければ読んでもらえるかもしれませんが、そのほとんどは他の書類に押しつぶされ、気付いたら何の原稿かわからず、ゴミ箱行きになってしまうと言われています。考えてみればうなづける事でしょう。原稿だけを持ち込むのではなく、その内容や、企画の提案、またどういった読者を対象に書いたものかというものを、最悪メモ程度でも提示しておくことは重要なことだと言えるでしょう。売り込みをしたいのに企画書もないのでは、その熱意すら疑われてしまうのではないでしょうか。また、現時点で実は考えがまとまっていないという場合でも、企画書を作成することでイメージが明確になってくる事も十分に考えられるでしょう。そうなってくると、宣伝の方法や販売の手段などの明確な提案もできるようになってくるのではないでしょうか。今まで企画書なんて書いた事がないし、どうやって書いたらいいかわからないと迷っているうちに、チャンスは遠ざかって行ってしまうでしょう。伝えたい想いがあるのなら、書式なんて関係ないのではないでしょうか。ただ、何のためにその本を出版したいのかをまとめておく事、そしてどのような人たちに読んでもらいたいかということを明確に伝えられるようにしておくことではないでしょうか。それがわかってくると、自ずと選択するべき出版社というものも解ってくるのではないでしょうか。企画書は、出版社のためでなく、自身のためにもぜひ作成する事が望ましいと言えるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です