企画が通ってからが著者の仕事スタート

自分の書いた原稿をそのまま出版してもらえるなんていうことは、ほとんどないと言っていいほど無い事と言えるでしょう。これは、自費出版に限った話というわけではなく、商業出版界でプロとして活躍している作家さんやライターさんにも、全く同様の事が言えるのではないでしょうか。商業であれ自費であれ、本を出版したいと考える著者の人々は、編集者の厳しい意見と著者自身の悩みなくして「いい本」など生まれるはずがないと思っておくべきではないでしょうか。永遠に続いていくかと思われるような「直し」作業の中で、永遠に続いていくかと思われるような気の遠くなるような試行錯誤の賜物が、今世の中に出ている本だと言えるのではないでしょうか。つまり、良い編集者との出会いによって、著者の能力が存分に引き出されると言っても過言ではないのではないでしょうか。より多くの経験を積んでいる編集者の方を信頼し、諦めずに直し続ける事が、本当の著作という作業でもあると言えるのかもしれません。直しが多ければ多いほど、自分には才能がないのだと落ち込んでしまいがちですが、その反対であり、直しの箇所は全て自分の可能性であるということを信じ、当初の企画書に書いたことを忘れずにひとつひとつ丁寧に取り組んでいくことこそ「いい本」を作る最大の秘訣と言えるのではないでしょうか。自費出版だから好き勝手に書きたいという著者の方は、出版を考えず、ブログなどでの連載をお勧めいたします。販売という責任を背負い、真摯に出版に向き合っていける方でなければ、商業出版はもちろん、自費出版でも成功というものは見えてこないのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です