町人文化の開花について

三代将軍家光の頃より、木版印刷による出版社、 書 庖、貸本屋などが発達し、浮世草子や黄表紙、俳書、ぬげ 瑠璃本などが盛んに刊行され、 一般に広く書物が普及す るようになりました。 また、武士の学問所むけに漢籍を初めとする教科書 ・ 学術書も多数刊行されるようになりました。さらに、元禄時代では井原西鶴の「好色本」がブームとなり、 18世 紀末期から 19世紀初頭の文化・文政時代には町人文 化が 一斉に開花し、「湘落本」「人情本」「滑稽本」「読本」、 多色刷り版画の 「錦絵」などが 刊行されています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です